yoheiの日記

2008-05-10RWS

4章について 12:59

この章はかなり好きな章です。RESTful に作るにはどうするかがずばり書いてある章なので。

いろいろ批判はあるかもしれないけど、実際にこう作ろう、という方針を具体的に示しているのは偉大な業績だと思います。

4.1 のタイトルは意訳しました。原文は Resource Oriented What Now? です。この節はすごく言い訳がましいわけですが、REST意味が分散してしまったので仕方がないですね。

なんか今読んだらp88の最後の段落で Universal Resource Identifier とか書いてありますね。もちろん原文もそうだけど。意味的には universal だからいいか。

p94 の 4.5.1 の直前は難しいですよね。原文読んでも最初はよくわかりませんでした。間違いじゃないかと思ったり。

この本で、ROAで、なぜ統一インターフェースの実装例として GET/POST/PUT/DELETE/HEAD/OPTIONS を選択したのかは 4.8.5 に書いてあります。要は一番普及している(と思われる)インターフェースだからです。WebDAV 拡張がなぜだめかといえば、他のサービスとの互換性がなくなるから。

もちろん REST ではインターフェースが統一されていることだけが重要で、CRUDオーバーロードPOSTなんかは関係ないわけですが、一方で実世界では具体的なインターフェースを決めなければシステムが動きません。現時点で、そして将来的にも、望ましいのは ROA で提唱されているインターフェースだと思います。

たとえば、Microsoft が Web3S を出してきたとき、コミュニティからの批判の対象の一つはメソッド拡張にありました。

5章について 16:26

この章は実際の設計なので楽しいですよね。

こういう設計作業をそのまま文章にした感じが好きで、WEB+DB で僕も書いてみました(Vol.44)

ただ、例の XHTML とか、かなり間違ってるのですみません。

ちなみに監訳注つけまくりな章です。ラシュモア山とか言われても日本人はわからないですよね。

ちなみに図5-1とか、図5-2とかひどいと思うのは僕だけ?お前が言うなという感じだけど。

2006-11-05現実的な REST の実践(仮)

2006-09-13

Joe Gregorio が IBM 入ってた 01:37

http://yohei.g.hatena.ne.jp/yohei/20060621/1150895147

で書いた Joe Gregorio の所属が IBM になっているのを app draft10 で初めて知った。おめ

2006-07-13

Enterprisey 20:58

http://groups.yahoo.com/group/service-orientated-architecture/message/5227

I’m still convinced that WS-* is the best technology *available today* to implement SOAs that do real “enterprisey” stuff

激しくウケた

2006-06-21

Hire Joe Gregorio 22:05

http://bitworking.org/news/Hire_Me

APP の編者の一人 Joe Gregorio が職探し中。僕は雇ってあげられないけど、

よい職がみつかることを期待しています。はてな入りたい!

やっぱり梅田さんは Web 1.0 だな 22:05

http://www.toyokeizai.net/online/tk/person/index.php?page=4&kiji_no=29

そうすると近藤が昔の仲間に電話をかけて

電話かよ!